コンコンのブログ

どんどんアウトプットしよう!

「人を動かす」相手に重要感を持たせよ

 本日は、デール・カーネギーさんの「人を動かす」を紹介します。この本は元祖人間関係の自己啓発本と言われるくらい有名な本です。1936年に初版が発行されてから現在まで多くの人に読まれていて、今でも十分に通用する内容です。人を動かすという題名を聞くと、人を操るテクニックでも書かれていそうですが、英語の題名は「How to win friends and influence people(友を得て、人々に影響を与える方法)」です。従って、人から好かれる方法と人に影響を与える方法が書かれています。この二つを達成するためのキーワードが「自己の重要感」です。人は誰でも「あなたは重要な人です。あなたは価値がある人です。あなたがいてよかった。」と認められたいものです。どうやったら相手に重要感を持たせることができるか?がエピソードとともに大量に書かれています。

 

<ざっくり内容>

・人を動かす三原則

人は誰でも正しいと思って行動しているので命令しても人は動かせない。相手の立場で物事を考えて、相手にやりたいと思わせるのが人を動かすコツ。やりたいと思わせるには重要感を持たせること。

 

・人に好かれる六原則

相手に関心を持ち、褒めて、重要感を与えよう。

 

・人を説得する十二原則

喧嘩すると相手は説得できない。まず重要感を与えよう。説得しようと思うな。気づかせろ。そうすれば勝手に動く。

 

・人を変える九原則

ほめて注意してほめろ。期待をかけて役割を与えれば人は変わる。

 

<実践した項目>

・相手に関心を寄せる。

・笑顔を忘れない。

・名前を呼ぶ。

・聞き手にまわる。

・誤りを指摘せず、気づかせる。

・自分の誤りを認める。

・人の身になる。

・ほめた後に注意、提案する。

・期待をかける。

 

 

 私は以上のことを実践して人間関係が改善したと感じています。しかし、無意識でできているわけではありません。読み始めてから3年ほどになりますが、自然にできるようになるにはまだまだかかりそうです。人間の悩みの大半は人間関係です。「人を動かす」は長編の一冊ですが、少しずつ読んで、実践してみてはいかがでしょうか?超簡単なのは話す前に名前を呼ぶこと。「〇〇さん、おはよう」とか「〇〇さん、ありがとう」。これだけでも相手に重要感を持たせることはできるのです。

 

なぜ買い占めは起こるか?本能が脳をハイジャックしたから

 24日にオリンピック延長が決定しました。一夜明け、小池都知事が会見で都内の新コロナウイルス感染者の増大及び週末の不要不急の外出自粛要請しました。それを受けてスーパーマーケット等で買占めが起こったとのことです。当然、テレビは喜んでそれを放映します。それを見てパニックになって買占めに向かった方もいらっしゃるでしょう。マスク騒動、トイレットペーパー騒動を踏まえて今度は食料品に飛びついてしまう人が絶えません。

 なぜパニックになるのでしょうか?なぜ買い占めなければならないと感じてしまうのでしょうか?馬鹿だからでしょうか?違います。本能がやばいよって言ってるからです。人間には「扁桃体」という恐怖を感じる脳の部位があります。これが動作すると衝動的な行動を起こしてしまいます。

先祖様の時代はサーベルタイガー等の猛獣と同じフィールドで暮らしていました。そして弱小で狩られる立場でした。そんなときにサーベルタイガーと遭遇し「逃げれる確率は40%、戦って勝てる確率は5%、隠れて見つからない確率55%だ。待てよ。仲間を犠牲にすれば逃げれる確率は90%だ。こいつをおとりにして逃げよう。」何て理性的に考えていたら食べられてしまいます。これを防ぐのが扁桃体です。一瞬で扁桃体が脳をハイジャックし、瞬時に「逃げろ」を選択して逃げる。怒鳴り散らして切れる人を見たことあると思いますがそれも同じ原理です。「戦う」を選択して自分を防衛しているのです。今回もツイッターやニュースサイト、テレビで情報(特に視覚情報は強烈)を見た人が今餌を貯めこまないと死んでしまうと思ってしまったのです。その恐怖が脳を支配し、「今すぐ食べ物を買い占めろ」となってしまうのです。並んでる人同士でいざこざがあるのも扁桃体が関係しているのかもしれませんね。こいつは敵だみたいになってるのでしょう。

 

どうすれば恐怖に打ち勝てるか?

1、運動する。

運動することで不安を和らげることができる。有酸素運動がおすすめ。筋トレも自信がついてよい。心拍数を上げることが重要。

 

2、瞑想する。

瞑想することで不安を和らげることができる。

 

3、恐怖の原因に向き合う。

不安なのは

・食料がなくなったら死んでしまうかもしれない。

・トイレットペーパがなくなったらトイレできないかもしれない。

・マスクがなくなったらコロナに感染しちゃうかもしれない。

・コロナにかかったら死んじゃうかもしれない。

となるから。

 

・食料がなくなったら死んでしまうかもしれない。

→お腹はすくかもしれないが、そう簡単に死にません。何日食べないと死ぬか調べるべし。スーパーに売ってなければ、飲食店で食べればいいし、会社に備蓄くらいあるはず。友達や知人が分けてくれるよ。買えなかったらやばいどうしようなんて短絡的すぎる。今のところ流通も壊滅してないので当分は大丈夫でしょう。私はシステムが崩壊してもプロテインが1.5kgぐらいあるから全く問題なしです。

 

・トイレットペーパがなくなったらトイレできないかもしれない。

→普通に友人・知人が1ロールくらいくれるでしょう。100円払えば絶対くれるよ。どうしても確保できなければウォシュレットをがんがん使いましょう。ウォシュレットしてもたまについてるのでティッシュでついてないか確認くらいはしたいよね。バスタオル細切れにして確認して捨てればOK。

 

・マスクがなくなったらコロナに感染しちゃうかもしれない。

→看護師のようにコロナ患者かもしれない人と接触する最前線でなければ必要だとは思わない。窓開けられるならば開けよう。密閉空間に他人といるのは避けたい。感染経路は口鼻目のいずれか。ウイルスに触れた状態で口に何か入れたり、鼻ほじったり、目こすったりしなければ大丈夫。従って、並んでまでマスクを買う必要はなし。ただし、マスクをしていることで不安を和らげられるならば作ればよい。中学生の女の子が作れて他の人ができないわけがない。作り方はネットで調べれば出てくる。

※上記のように偉そうなこと言ってる私ですが、会社からマスク着用義務出されているためマスクを提供されています。

 

・コロナにかかったら死んじゃうかもしれない。

→致死率は決して高くない。特に日本は。感染者数は10倍以上いるだろうけど、日本の死亡者数のカウントは正確だと思っています。しかし、持病持ちや老人は要注意。若者だって重症化しているといわれているが、特異点を過度に気にする必要はない。データでは明らかに若者の死亡率は低い。自分でやれることは自分を信じること。よく寝ること。運動すること(心肺機能をチェックしよう)。適度に食べること。そして体温測定。自分の平熱知ってますか?普段35℃台の人と36℃台の人が同じ基準の37.5℃は要注意のわけないよね?平熱より1℃程度高い日が4日続くとまさかってなるのが妥当ではないでしょうか?私は政府の言う37.5℃が4日以上続くときをそう解釈しています。

 

 上記の恐怖の原因に向き合うでは考えればいくらでもなんとかなるよ。いまやらなくても大変なことにならないよって言いたかっただけです。でも、周りの方々が買い占めているのを見るとパニックになるのは当然でしょう。先祖代々その本能があったから生きてこれたのです。先代の方々の努力により、加工技術や流通システムが発達し、餌を探して歩き回ったり、狩りすることもなくなりました。現在社会は過去で最も生きやすく安全で簡単に死ぬことはないんだと知り、冷静な判断を心掛けたいですね。

「最高の休息法」 マインドフルネスとは気づくこと

 先日、山手線新駅の高輪ゲートウェイ駅を見てきました。古風なのか未来型なのかわかりませんがとてもきれいな駅でした。未来型の駅というコンセプトを聞いてましたが、最新技術を集めましたってだけな感じで少しがっかりでした。何ががっかりかというと知ってるレベルだったからです。想定の範囲外を求めていたが想定の範囲内でした。例えば、QRコードが読み取れる最新の改札が導入されていましたが、私の求めている未来はゲートのない改札です。顔認証かビーコンかわからないが改札ではない改札になっていて欲しかったです。ロボットもいましたが、ペッパーとか見てるのでなにも驚きませんでした。もう少し「なにこれ?」「すげえ」が欲しかったですね。しかし、高輪ゲートウェイ駅開業はこの周辺の都市開発スタート地点です。これから開発が始まるのです。楽しみに待ちましょう。今のところ駅の外は何もありません。当分は通過駅になるでしょうが、2022年頃に再び訪れたいと思います。

 

 今年度もあと少しですね。日本では年度末シーズンで決算の時期となります。私はエンジニアなのですでに今年度は終わったようなものです。トラブルさえ起きなければ安泰な日々を過ごすことができそうです。お金の処理をやってる方々が一生懸命遅くまで働いていますね。1か月近く続く新コロナウイルス自粛モードと年度末シーズンの決算処理や残作業処理で疲労もストレスもピークに達している方もいるのではないでしょうか?

 今日はそんなストレス社会に役立つマインドフルネスの本を紹介します。久賀谷亮さんの「最高の休息法」です。忙しいからこそマインドフルネスしてもらいたいと思います。本書は留学先のイェール大で挫折し、精神的に参ってしまってる女子大生がマインドフルネス通して自分や周りの人を変えていく物語。ストーリーの中で脳科学の理論やマインドフルネスのやり方を解説してくれます。嫌いな人は読みづらいかもしれません。理論はいりません。マインドフルネスだけ知りたいって人でも7つの休息法のやり方が冒頭に書かれているのでこれのみ読めばやり方はわかります。マインドフルネスとは気づくことです。雑念や怒り、ストレスいろんなものがあなたの頭で無意識に処理されています。それらに気づいて手放してしまおうというのがマインドフルネスです。

 

<紹介されている休息法>

1.マインドフルネス呼吸法(ストレス低減・感情のコントロール

→瞑想のことです。姿勢を正し、目を閉じ、呼吸に意識を向けましょう。いつの間にか別のことを考えているでしょう。それを雑念だと気づいて呼吸に意識を戻す。それを何回も繰り返しましょう。

 

2.ムーブメント瞑想法(集中力・注意力の改善)

自分の行動に意識を持っていきましょう。歩いてる。食べてる。腕上げてる。歯磨きしてると無意識でやってる行動に気づきましょう。

 

3.ブリージング・スペース(ストレス解消・肩こり等ストレス由来の緊張)

マインドフルネス呼吸法の応用です。ストレスとなっているものに気づき文にする。+マインドフルネス呼吸法。

 

4.モンキーマインド解消法(思考ループの抑制・自己嫌悪回避)

後悔すると思考ループに陥るでしょう。思考ループしていることに気づく。ラベルを張って終わったことは仕方ない。さようなら。

※やりかた違うと思う。私はやったことない。思考ループは紙に書いたほうが良い。

 

5.RAIN(怒りの鎮静・欲望のコントロール・ダイエット・禁煙)

怒っていることに気づく。人間だもの仕方ないと受け入れる。何で怒ったか考える。他人事のように考える。そのころには怒りが収まってる。

※これもやったことない。イラっとしたら、俺は優しいから許してやるよって心の中で上から目線で許してあげると怒りは大抵なくなる。それでも消えない場合は相手が一か月後に死ぬと思おう。残り一か月の命ならばそうなるよねって慈悲の心ができる。1か月後にはそんなこと覚えてないから。

 

6.やさしさのメッタ(他人へのマイナス感情抑制)

嫌いの人(仲良くなりたい人でもOK)を思い浮かべて

「〇〇さんが幸せでありますように。」

「〇〇さんの悩み苦しみが無くなりますように。」

と唱えて、嫌いな人の幸せを願えるやさしい自分に気づきましょう。

 

7.ボディスキャン(ストレス性の痛み・自律神経の調整)

仰向けに寝転がりましょう。自分の体の各部位を意識し、健全であることに気づきましょう。できれば感謝しましょう。

右足→右足動かしてOK。左足→左足動かしてOK。今日も歩いてくれてありがとう。

心臓→心臓動いているのを確認しOK。自動的に血液バンバン送ってくれてありがとう。

各部位→各部位動かしてOK。今日も役割を果たしてくれてありがとう。

 

 私が日頃からやることがあるのは1,2,6,7ですね。瞑想は毎日朝夜やっているし、階段降りるときにムーブメント瞑想してます。嫌いな人と一緒に仕事しなければならないときはやさしさのメッタやったりします。忘れることが多いですが、夜にボディスキャンすることもあります。私が言うのもなんですが、上の紹介文でやり方がわかる人はいないでしょう。本買って読んでもいいし、ネットで個別にやり方探してやってみるのもいいでしょう。一番のお勧めは瞑想です。これは間違いありません。まず、スッキリします。集中力もアップするでしょう。効果は必ず出ます。ぜひ体験してみてください。効果にも気づくことが大事です。少し変わったという自分に気づいてください。

 

「失敗の科学」 失敗は誰でもしたくない。でも成功したければ、失敗が欠かせない。

 いつになったら閉塞感がなくなるのでしょうか?いつもいつも嫌なニュースだらけですね。どこどこで何人死亡というニュースばかり飛び交っています。蒲郡でウイルスばらまき騒動を起こした男性が亡くなったそうですね。多くの方々から袋叩きにあっていましたが、持病の癌を持っている状態で新型コロナに感染して家で謹慎しててくださいと言われて正気でいられるのでしょうか?自分がその立場だったらと想像してみると不安だらけでしょう。見捨てられた感じでしょう。それで自暴自棄になってしまったのではないでしょうか?彼のやったことは間違っているでしょう。しかし、インフォームドコンセントをきっちりやり不安を低減できていたら違った行動をしたのではないでしょうか?そう思えてなりません。保健所の対応が失敗だったというつもりはございません。ルール通りの対応をしたのだと思います。しかしあいつが悪いで終わると意味がないのです。

 これを10日前までカラオケ歌ってた人が重症化して死んでしまうとはコロナ怖いなではなくて、新型コロナウイルスに感染したら自分はどう行動するか?家族や周囲の方が感染したら自分はどう行動すべきか?を考えて、万が一そういう状況になったときに受け入れる勇気を持つことが大事ではないでしょうか?

 私はウイルスに感染しても死なないと確信しています。浅はかではありますが、体は日頃から鍛えているし、睡眠も十分とれている。風邪ひいたかもってことが3年に1度くらいありますが、普通に眠れば次の日には全開にできるから直感的に大丈夫だと思っています。周囲の方に飲食料、薬のみ調達してもらい自宅で筋トレしながら撃退します。家族(両親)が感染したら、全力で受け入れてくれる病院を探します。周囲から批判されようがやります。すべて断られたら状況を受け入れる。入院できるところがあれば受け入れてもらう。重症化したら死ぬ確率は確実に高まります。高齢者は特に重症化させてはならないのです。早急に全力の治療を受けさせるべきだと考えています。死んだらやり直しはできません。後悔のないように行動しましょう。

 

 本日は、マシュー・サイドさんの「失敗の科学」を紹介します。失敗から学習する組織と学習できない組織がどうして生まれるのか?を書かれた本です。様々な実際にあった失敗を題材にしながらなぜこういう思考になっていくのかを解説してくれます。痛ましい失敗の歴史を知ることで様々な気づきが得られると思います。いろいろと紹介したいところですが、この本は膨大な量がありますので紹介しきれません。主な学びを箇条書きしていきます。

 

<失敗を学習できる組織と学習できない組織>

・学習できる組織・・・失敗を検証して、なぜ失敗したのか原因を突き止める。そして失敗から多くの人が学ぶ。システムの欠陥を改善することで組織が進化できる。

・学習できない組織・・・失敗しても失敗と認めない。仕方なかったと片づける。失敗を放置して欠陥に気づかない。そして失敗を皆知らないから同じことが起こる。

 

 学習できない組織はクローズド・ループ(検証されない)に陥る。

クローズド・ループの例

2世紀から瀉血(しゃけつ)という病人から悪い血液を抜き出すという治療法があり

19世紀までその治療法が正しいのか検証されなかった。

 

・謎の病で瀉血を受けた10人 3人助かる、7人死亡

→生き残った3人が瀉血のお陰で生き残ったありがとうございます。と言いふらす

瀉血はいい治療法だ。7人は瀉血してもダメだったか仕方なかったな

→検証されない。クローズドループへ

 

しかし、実際は

・謎の病で瀉血を受けなかった10人 5人助かる、5人死亡

→人間は自己治癒力で大抵治るため瀉血しないほうが生き残ったことが後々判明。

 

<失敗の科学から学んだ事と私はこう活かす>

・見えるデータばかり見ていてはいけない。見えないデータも考慮しろ。

→新型コロナの致死率は〇%です。死亡者数は死亡原因が新型コロナウイルスとなるのであってる(日本の場合)として感染者数はあってるの?もっといるんじゃないの?母数が増えれば致死率変わるよね?

 

・大きな目標を達成するには、目標を小さく刻んで小さなゴールを目指す。そして失敗、検証、改善を繰り返す。これを続けていくと大きな目標を達成できる。

→長期目標と中期、短期目標を持って、毎日小さな目標を立てよう。いくら練っても意味がないのでとりあえずやってみる。失敗してみる。修正する。手本がいるなら手本と自分の違いなどを見つける。

 

・犯人捜しして犯人見つけても何も解決しない。システムを変えろ。

→虐待事件で懲役16年とかやってるけど、彼がいなくなっても日本から虐待0にならない。ウェアラブル端末等を子供や老人に着けて、脈拍や睡眠データを随時管理して特異なデータを発見したら行政が介入したほうがいいのでは?

 

・成長型マインドセットをもっていると失敗に強くなる。

→失敗しても、やり方が悪かったんだと考える。どうやったらうまくできるか考えて修正して実行する。失敗してもできるまであきらめないメンタル(やりきる力)が最強。今日できなくても1年後にできればいいやでOK。自分には才能がないとか頭が悪い、あいつは才能があるからできるんだはダメなマインドセット

 

・失敗型アプローチ(事前検死)

→計画立てる。失敗したと仮定して失敗理由を挙げる。

→失敗理由から考えられる対策や改善案を考える。

→微調整して実行。

 

 今回も上手くまとめられませんでしたね。まだまだ要約力が足らないです。これも一つの失敗ですが、徐々に改善していきます。そのために、多くの方のブログを意識して読んでわかりやすい書き方を学んでいきたいと思います。また、ブログを書く時間が長すぎるのも常に感じている課題です。いかに簡単にわかりやすく書けるかを学ばなければなりません。

 

 「失敗の科学」は内容が豊富で読み応えがあります。読んでいるとなるほどとなるかもしれませんが、活かし方は自分で考えて工夫しないと習得できないと思います。活かし方が書かれているのは事前検死の部分だけです。あとは読んだ方が何を学び自分の生活や考え方に帰着できるかです。成功に失敗は欠かせないというのを題名にもしましたが、絶対に失敗してはいけないものもあります。死ぬことです。修正のきかないものは過去の他人の過ちから学んでいきましょう。

 

「どんな本でも大量に読める速読の本」 速読は可能か?内容を知ってれば可能

 今日は速読の本について紹介します。ほとんどの人が持つ速読のイメージはパラパラと本をめくって、「本当に内容わかってるのかよ」って感じの速さで読んでいる人を思い浮かべるかと思います。その本を書いた人ならばそれで思い出せるでしょう。内容を知ってるからです。速読も内容を知ってるから速く読めるのです。それを解説してくれるのが宇都出雅巳さんの「どんな本でも大量に読める速読の本」です。私が速読ができるようになったのはこの本のお陰といってもいいでしょう。この本は眼球の動かし方等の速読技術は一切書かれていません。この本では速読ができる原理とどうしたら速読ができるようになるかについて書かれています。キーワードはストック(知識の蓄え)です。このストックが大きければ速読ができます。知識がないと本は速く読めません。

 

<速読の原理>

速読力=ストック(知識・情報・経験)×速読技術(読み方)

 

速読するには書かれている内容の知識と速読技術が必要です。そして速読技術がいくら高くても(いくら眼球を速く動かしても)、書かれている内容の知識がないと速読できません。じゃあ知識のないジャンルの本は読めないじゃん。ってなりますよね。それを可能にするのが高速大量回転法です。何回も読みまくって少しずつストックを増やしていこうという方法です。

 

<誰でもできる速読技術(読み方)>

・文字を読まない(音にしない)で見ることに専念する。

・リラックスして視野を広くする。

・わかろうとしない(いまわからなくてもいいやでOK)

 

<高速大量回転法>30分で1冊速読法

1.目次を5回転読み 5分

2.まえがき(初めに)・あとがき(終わりに)を10回転読み 5分

3.本文の見出し拾い読み3回転読み。 5分

4.気になった言葉・箇所を中心に回転読み 15分

 

上記が宇都出さんの提案する速読法です。できそうですか?無理じゃね?って思うかもしれません。電子書籍の本で上の方法は厳しいですが、紙の本であればできます。ぜひやってみてください。やってみてできない人は読んでしまっている可能性がありますので、見ること、わかろうとしないことを心掛けてみてください。当然ながら、30分でこの本がわかったとはなりません。これを何回も繰り返すと徐々にストックが蓄積されてきてわかってしまうのです。何回もやっていると目次や前書き等は知っているので読む必要がなくなります。そうなればどんどん速く読むことができるようになります。

 

 最後に私が実践している速読術を紹介します。高速大量回転法をベースにしていますが電子書籍が多いので徐々に自分スタイルに変えていきました。主な変更点はアウトプットすることを追加したことです。私にとって読書のゴールは読書で得たものを自分の生活に役立てることです。

 

私がやっている速読術

<1回目~3回目>電子書籍は目次やまえがき等の箇所にタグをつけてしまうこと。

1.目次を5回転読み 5分

2.まえがき(初めに)・あとがき(終わりに)を5回転読み 5分

3.本文の見出し拾い読み2回転読み。 5分

4.気になった言葉・箇所を中心に回転読み 15分

5.本を閉じて、キーワードを箇条書き 5分

 

<4回目~8回目>

1.目次を1回転読み 1分

2.まえがき(初めに)・あとがき(終わりに)を1回転読み 1分

3.気になった言葉・箇所を中心に回転読み 20分

4.本を閉じて、内容を自分の言葉で箇条書き 5分

 

<9回目~?回目>

1.スタートから高速読み 20分

2.本を閉じて、自分の生活にどう活かすか考える 10分

 

 私は、毎日最低2冊は本を読むことにしてますが、1冊30分と決めています。1冊30分で読まなければならない。この本を30分で読んで学んだことをノートや周りの人にアウトプットすると決めているのです。300ページ程度の本ならばできるものです。最初は内容が全然わかりません。何回か読んでるとわかってきます。10回も読めば人に話すことができると思います。速読の良いところは、短時間で読めることです。1か月間かけて1冊の本を読んでいる方を知っていますが、覚えてるの?って思います。私は10回読んでも数か月経つと詳細は忘れてしまいます。でも1回読み直せばだいたい思い出せます。習慣にできたものは1年経っても忘れません。速読をやるべきだとは言いませんが、本を一回だけ読んでおしまいはもったいないです。何回も読んで本の違った見方を知ってほしいと思います。最初から難しい本を読む必要はありません。漫画でわかるシリーズから始めるなんていかがでしょうか?

「原因と結果の法則」そのイライラは他人のせい?環境のせい?

 本日で、あの東日本大震災から9年と1日です。震災を経験し、東北の方はもちろん

首都圏や被災していない地域の方も家族や友人の大切さや自然の力の強大さを感じた

かと思います。9年経ちましたが、現在も家族や友人を大切にしているでしょうか?

少しずつ薄れているのではないでしょうか?悲しいけどそれが人間です。

少しずつ記憶から薄れていきます。だからこそ3.11を忘れることなく語り継ぐことが

大事です。この機会に一度避難所の確認をする。日頃歩いているところの高台を見つ

ける。土砂崩れが起きそうな箇所を確認するなどやってみてはいかがでしょうか?

あなたのとっさの判断が生死を分けます。自分の命は自分で守りましょう。

現在は何でも行政のせい。自分がいかにあいつのせいで理不尽な目にあったかを延々

と語っている人も多いのではないでしょうか?私も数年前までは人のせいにする傾向

が強かったです。私は悪くないんです。こういう理由で仕方なかったんです。

と言い訳ばかりがうまくなりました。得られたものは何もありませんでした。

ただ他人や環境のせいにして逃げてるだけですからね。

 

 今日は、そんなイライラを他人のせいにする人にお勧めの本の紹介をします。

1902年に書かれた古典。ジェームズ・アレンさんの「原因と結果の法則」です。

一度くらいは「引き寄せの法則」か「原因と結果の法則」という言葉を聞いたことが

あるのではないでしょうか?引き寄せの法則について書かれているのが「原因と結果

の法則」という本です。引き寄せの法則を簡単に言うと、心から願ってることが現実に

なっちゃうよってことです。人は自分が思っているものになる。良い思考している人に

は良い運命が悪い思考している人には悪い運命が訪れますってことを解説しています。

 

主な内容

1.自分の思考が人格や人生、運命を創造している。

→思考次第で良い人格になれる。良い人生が築ける。良い運命が訪れる。

 

2.物事を人や環境のせいにすると失敗するよ。

→環境は自分が生み出したもの。自分の思考・行動次第で環境を変えられる。

 人や環境のせいにしないで自分の行動を変えれば成功できる。

 

3.悪意や怒り、不安に満ちた日々を過ごしていると、健康を奪われ、醜い顔になる。

→善意、喜び、穏やかな思いで心に満たすと生き生きした年の取り方ができる。

 

4.目的をもって生きよう。

→目標を持ち、目的達成に集中し、失敗を恐れずに勇気を持って挑むとあらゆること

 ができる強い人間になれる。

 

5.成功するためには自己抑制と自己犠牲が必要。

→人間は欲望があって当たり前だが、欲望をコントロールし、捨てられた(犠牲)人

 が成功を手にすることができる。

 

6.偉大な成功者になるには大きなビジョンを持つこと

→大きなビジョンがなければ次の世界は創造できない。

 

 原因と結果の法則は読むのは簡単ですが、実行するのはなかなか難しい内容です。

私ができるようになったのはせいぜい人のせいにしなくなったことくらいです。

目的をもって目標達成するために努力はしますが、失敗を恐れないかというと甘いか

なと思います。欲望をコントロールできているかというとまだまだだなあと思う

日々です。しかし、他人や環境のせいにしてイライラすることはなくなりました。

この本のおかげかと言われるとNOです。この本は原理を教えてくれます。

どうやったらイライラしなくなるのかは別のお話。瞑想や運動、良質な睡眠、

マインドフルネス等様々な方法を経て人のせいにしない穏やかな人生を歩めています。

当時は胡散臭く引き寄せの法則など全く信じていませんでした。人のせいにしなく

なってからは言ってることがあってるかなあと思えた本です。この本を読んでその通り

だ素晴らしいとなるかどうかはわかりません。内容が正しいか検証する価値のある本

だと思います。私は検証中です。検証してみてはいかがでしょうか?

 

 

禁煙しよう?ノンスモーカーになろう。

 昼休みにブラックマンデー再来という記事を読んで少し落ち込んでしまいました。前回の記事で株の運用益はまだまだプラスですよって言ってましたが明日にはマイナスに到達しそうです。私は投資信託のインデックスファンドをやっております。長い闇に入りそうですね。でもやることは変わりません。こつこつドルコスト平均法で買い続けることです。いずれ人類は新コロナウイルスに勝つでしょう。中国が復活宣言すれば世界はいい方向へ向かうでしょう。楽観的に生きましょう。ほとんどの人は感染しても死にません。

 

 話は全く変わりますが、2020年4月から改正健康増進法が施行され、レストランや居酒屋等の飲食店、オフィス、公共交通機関などで原則屋内禁煙になることをご存じでしょうか?喫煙者にとってはさらに肩身が狭くなりますね。私も二年前までは喫煙者だったので気持ちはわかります。ほとんどの方は禁煙する気もないでしょうが、禁煙したいという方も一部いると思います。禁煙する方法は簡単です。禁煙しようと思わないことです。人間は禁止されるとやりたくなってしまう動物です。ノンスモーカーになってください。わたしはこの方法で苦痛なくノンスモーカになれました。禁煙外来で禁煙した人も知ってますが、常に辛そうでした。毎日吸いたいと言いながらスルメ食ってて臭かったです。いまだに煙草の臭いをかぐと吸いたくなるそうです。私の方法は潜在意識を変える方法です。

 

ノンスモーカーになれる方法

(紙煙草は1から、電子タバコの人は2から)

※紙煙草で3からでもいいが、電子タバコを勧めるのはもらい煙草をなくすためです。

1.電子タバコにする。

2.紙煙草を吸ってみてくっせーとなるまで電子タバコに慣れる。

3.喫煙するときのパターンを書き留める。

4.ノンスモーカの自分をイメージして「私はノンスモーカになった」毎日鏡の自分に

  向かって宣言する。(アファメーション

5.いずれ一日くらい禁煙しよかなと思ってくる。

6.喫煙グッズを捨てる。

7.新しい習慣を作る。煙草を買っていた場所・吸っていた場所でない場所で買い物食

  事等しましょう。

8.3か月吸わなければ大丈夫でしょう。メンタルがノンスモーカーになるでしょう。

 

 ノンスモーカーになるということは、煙草が生活の中に入ってこないということです。煙草がないのは当然だし、煙草を吸うグッズも必要ありません。煙草を吸っていた時の習慣もなくなります。習慣をやめるのは難しいです。電子タバコを勧めるのはもらい煙草が起こりにくいからです。しかし、習慣を書き換えることはできます。上記の4番目をアファメーションと言いますが、これは自分を変えるうえで最も簡単に実践できる方法と言えます。いずれ原理は紹介していきますが、禁煙に強い意志はいりません。しかし、きっかけは必要です。自分の健康のために禁煙しようは難しいでしょう。人のためにやるのが一番簡単ではないでしょうか?私は禁煙で浮いたお金を一部寄付しています。子供のため、孫のため、家族のためでいいのではないでしょうか?子供の将来のために基金を作るでもいい。家族と旅行に行くための基金を作るでもいいです。もちろん自分に自己投資してもいいです。煙草をやめることで描ける世界を創造していきましょう。最後に私の考えるメンタルチェックとメリットを記載します。共感できるかはわかりませんがノンスモーカになるとこうなります。

 

 

ノンスモーカーのメンタルかチェック方法

1.煙草行かない? 〇:私、煙草吸わないんで ×:禁煙中なんだよね

2.煙草臭の人にこいつ臭って思うようになった。

3.歩き煙草に殺意を覚えるようになった。

4.新幹線利用するときに喫煙室見て「うわー」って思うようになる。

 

私が感じたノンスモーカーになるメリット

1.1.5万円程度お金が使えるようになる。

2.食事がおいしくなる。

3.全面禁煙の施設利用時、外の喫煙所を探す旅にでなくて済む。

4.コーヒー代が減る。喫煙時は缶コーヒー2,3本飲んでた。

5.喫煙で消えていた無駄な100分が有効に使える。

6.疲れなくなった。

 

 最初にも書きましたが2020年4月から屋内全面禁煙になってしまいます。嫌だろうが施行されてしまうのです。今後も、たばこ税の値上げや少数派になることで理不尽な扱いを受ける機会もあるかもしれません。あなたには選択肢があります。このまま吸い続けるか?ノンスモーカになるか?この機会にノンスモーカになってみませんか?